99%の人は知らない「魔法の数字」とは?

コラム

こんにちは!SKETライターのMizukiです!

あなたは99%の人は知らない「魔法の数字」があることを知っていますか?

結論から言うと、それは10000という数字です。

何か物事をするときに10000時間費やすと世界レベルになることができると言われています。

具体的に10000時間はどれくらいかというと、

10000時間=416日 です。

約1年半、全て費やしてようやく到達します。

でも実際自分が10000時間やるとなった場合

1日1時間でも10000日かかります。

1日3時間でも3333日なので約9年かかります。

9年も同じことを続けることが出来ますか??

普通はできません。

けど、世界レベルの人はやっています。

世界レベルとは言わずとも、世の中で好きなように生きている人は少なからず継続する力があるということです。

自分でもできてること

10000時間とは言いませんが、いままで自分でも続けられたことがあると思います。

例えば、部活動です。

帰宅部、運動部、文化部、、、

色々な種類の部活動がありますね。

ぼくは7年間くらいバスケットボールをしていて一度もやめることがありませんでした。

では、なぜ続けることができたのか?

それは環境と仲間がいたからです。

同じことを共にする仲間、周りに仲間がいる環境があったからこそ成り立っていたのです。

そして、はじめるのは早ければ早いほど良いです。

そうしたほうが必然的にかける時間も長くなるからです。

まとめ

まとめると、

99%の人が知らない「魔法の数字」は10000時間

続けられる人はいないが、仲間と環境さえあれば続けられる

はじめるなら早いほうが良い。そのほうが時間をかけられるから。

となります!

何か物事をはじめる時の参考にしてください!

今回はこの辺で!また次回の記事でお会いしましょう!

P.S.

なにかしたいけどやりたいことないし何からすればいいのかわからない、、

何となく起業はしてみたいけど、どうすればいいのかわからない、、

就活を悔いのないようにしたい、、

と少しでも思った方がいたらぜひ一度、マーケティングサークルASKの新歓にお越しください!

ぼくたちは少しでも悩みを解消できるようにあなたに寄り添います。

参加はコチラから☟


    <筆者 Mizuki>

    コメント