現役大学生が教える!絶対に知っておくべき履修登録のコツ3選

学校生活

こんにちは!SKETライターのMizukiです!

4月上旬から各大学で履修登録がはじまりますね!

いきなり履修登録といわれてもわからないことだらけだし、

そもそも履修ってなんだ??と思う方も多いのかも知れません。

今回は新大学1年生はもちろん、新2年にも共通して言える履修のコツを3つ紹介します!

履修とは

履修とは、学校などにおいて、単位を修得するために特定の科目を学ぶことである。

とされています。

単位とは、卒業するために必要なもので授業をちゃんと受けましたよという証明になるものです。

卒業までに決まっている単位を取り終えないと、進級できなかったり、卒業できなかったりします。

特定の科目を学ぶというところが高校とは違うところで、大学は1人1人違った時間割で行動します。

必修の授業は全員履修しなければならないのですが、それ以外は基本的に自分でなんの授業を受けるか(履修するか)決めます。

大学が履修登録期間という期間を設けており、この期間中に自分の履修を申請し、時間割を確定させます。

ざっくりと概念を説明したのでコツ3選に移りたいと思います。

①なるべく1限と5限はなくす

1つ目はなるべく1限と5限はなくす。です。

なぜかというと、大学の授業は高校と違って90~100分授業になっています。

なので1限と5限は朝早く夜遅い時間に授業があることになります。

また、大学は大体の人が遠いところから来ます。

これを見ると、片道平均は55.8分であることがわかります。

そうなると朝6時起きとかになってしまうので寝坊で出れなくなる可能性が高いです。

また、5限で夜遅いと他の予定がいれにくくなってしまいます。

なので、1限と5限には入れないほうが良いと思います。

②空きコマを作らない

2つ目は空きコマを作らないことです。

空きコマとは授業と授業の空き時間のことで、

3限授業ある4限授業なし(空きコマ)5限授業ある

の場合、4限が空きコマになります。

これを作ってしまうと、そのまま無駄な時間になってしまいます。

また友達と空きコマが被っていればまだいいのですが被っていない可能性もあります。

なので、なるべく空きコマを作るのはやめましょう。

③素直に先輩に聞く

なんだかんだいっても先輩に聞くのが1番です。

こういったありがちな記事をよく見かけますが結局は同じ学部学科の先輩に聞いてみるのが1番よかったりします。

各大学の常識、各学部の常識はどこでも存在します。

躊躇わずに聞いてみてください。

いまだったらTwitterに絶対1人は履修相談に乗ってくれる先輩もいるはずです。

いない場合は先輩に紹介してもらってもいいかもしれません。

まとめ

最初はみんなわからないこと、できないことって履修登録に限らずたくさんありますよね。

しかも、大学が始まってまだ友達もたくさんおらず、情報も少ない状態だと不安でたまらないと思います。

でも大丈夫です。

僕もみなさんと同じで不安でたまりませんでした。

意外とみなさん気づかないんですけど、
様々な大学生活での不安を抱える中で、それを簡単に楽に乗り越える方法があるんです。

それはシンプルに、

友達や知り合いを増やすことです。

大学生活が右も左もわからない状態だった僕でも、できるようになったのは、友達や知り合いのおかげです。

知らないことはどんどん聞いたり、一緒に調べたりしていくうちに、だんだんと不安がなくなったというか。

ぶっちゃけサークルに入ったおかげだったり、学生団体に入ったおかげですね。

大学生活はとにかく長いです。

長い大学生活だからこそ、様々な情報を取り入れて、自分で後悔しないような選択をできるよう目指したいところです。

まずは、

大学生活で頼りになる先輩や友達がいなくて不安でたまらない人は、どんどん新歓にいきましょう!

私たちマーケティングサークルASKでも、新歓を開催します。

説明会に来ると...

1、大学の先輩と話せる
2、真面目な活動も、遊びも教えてもらえる
3、同年代の友達が増える

もし日程が合わない場合は別日で日程を調整いたします!

参加してみる☟


    <筆者 Mizuki>

    コメント

    1. […] 現役大学生が教える!絶対に知っておくべき履修登録のコツ3選こんにちは… […]

    2. […] 現役大学生が教える!絶対に知っておくべき履修登録のコツ3選こんにちは… […]