運で人生を左右されないたった1つの方法

コラム

こんにちは!SKETライターのMizukiです。

「運が無いなあ・・・」

そんな人が沢山います。
もしかして、あなたもそのうちの一人かもしれません。

まあ、運が悪いからガチャで引きが悪いとか、
その程度なら別に良いんですが(ガチ勢には良くないかもしれませんね笑)

運の悪さによって人生幸せに生きれないのだとしたら
なかなか大きな問題です。

さて、どうしたものか。
運なんてそう上がるものじゃない。

まるでスゴロクでサイコロの目に従うように、
損なマス目に止まったらやだなぁ、ああ止まっちゃった、

という運任せな人生というのもちょっと渋いですよね。

今回の記事では、
運を上げる方法はぼくにはわからないけど、

その運に人生を左右されない方法を共に考えていこうと思います。

先に結論を言うと

それは、「試行回数を増やす」ことです。

何回試せるか?
つまり、何回挑戦するか?

ぼくはそれによって、
運が悪かろうが誰でも成功確率を上げることができると思っています。

試行回数を増やすことによって成功確率が上がることを中学レベルの数学で証明する

例えば、
あなたの運がすこぶる悪く、成功率が10%だとしましょう。
10%ということは大抵失敗します。笑

計算してみましょう。

① 試行回数が1回のとき

1回だけ挑戦してみよう。
そうすると、成功率は10%です。

逆に、失敗率は90%
なかなかの確率です。

そして、
大体の人はここで挑戦を止めます。

② 試行回数が2回のとき

2回挑戦しましょう。
ここでちょっと計算のテクニック。

2回挑戦するんだから、
「1回でも成功すればいいじゃん!」と考えられます。

だから、
「失敗」というのは「2回連続で失敗」ということ。

1回あたりの失敗確率は90%だったから、

「2回連続で失敗」
→ 90% × 90% = 0.9 × 0.9 = 0.81 = 81%

つまり、「成功」=「失敗じゃない」という確率は、
100% – 81% = 19%

おやおや、、、
成功率が上がっているぞ・・・!

もう1回挑戦してみましょう。

③ 試行回数が3回のとき

同じように考えましょう。

「3回連続で失敗」
→ 90% × 90% × 90% = 0.9 × 0.9 × 0.9 = 0.729 = 72.9%

つまり成功確率は、
100% – 72.9% = 27.1%

また上がった・・・!!

もっと挑戦したらどうなるか?

計算過程は省略しますが、
回数を重ねるとこうなります。

4回:34.4%
5回:41.0%
6回:46.9%
7回:52.2% ・・・50%超え!!

10回:65.1%

15回:79.4%

20回:87.8%

25回:92.8%・・・90%超え!!!

30回:95.8%


100回:99.997%・・・うおおおおおおお

7回やるだけで、成功率は半分以上!!

そして、20回を過ぎると9割を超える。

100回もやればとんでもないことになる。

もっと運が悪くても当てはまる?

運がもっと悪く、1%だとしよう。
これも計算してみるとよくわかる。

1回:1%
2回:1.99%
3回:2.97%

10回:9.56%

70回:50.5%・・・50%超え!!!

230回:90.1%・・・90%超え!!!

700回:99.91%・・・うおおおおおおおお

成功率が1%だとしても、
試行回数さえ増やせば同じように確率が上がります。

700回やれば、再び楽しいことになります。

しかも、実際は挑戦するごとに失敗率は下がる

今回は計算を簡単にするために、
1回当たりの成功率は変えませんでした。

でも、実際は経験を積むごとに成功率は少しずつ上がってきます。

だから、本当はもっと早く成功率は上昇します。

つまり、僕たちが悩むべきなのは運の悪さではない。どうすれば挑戦回数を増やせるかを考えるべきだ。

ここまで見て、よくわかったはずです。
運の良い・悪いはあまり関係ないことに。

試行回数さえ多ければ必ず成功確率は上がります。

だから、ぼくたちがもっと考えるべきなのは、
いかに挑戦する回数を増やすか?なんです。

あなたの挑戦回数を阻む要素を考えてみましょう。

・アイデアの問題?
・環境の問題?
・刺激し合える仲間がいない?
・知識が無いから?
・時間?お金?
・何をすればいいのかわからないから?
・メンタルの問題?

まずは運の悪さを嘆くのではなく、
試行を増やすための戦略を考えてみましょう!

もしも「挑戦する回数を増やしたい!」「挑戦して、一歩先へ進みたい!」のであれば、ぜひ下のフォームからご連絡ください。ぼくたちの団体では何かに挑戦したい人をお待ちしております。


    <筆者 Mizuki>

    コメント