キャリア教育を仕事にする人が、なぜ経営を学ぶのか?

ビジネス

これを開いてくれているあなたは、
教師にはなりたいわけではないけど、
教育に興味があって、
教育を変えたいと本気で思っている。
そんな人だと思う。

もし、違うのならば、
この記事は飛ばして他の記事を
読むことをおススメする。

僕は普段、
法政大学社会学部に通いながら、
マーケティングサークルASKの代表と
都立高校で通年のキャリア教育の
授業の先生をしている。

そうやって、教育事業に携わっていると、
学校の先生になりたいとか、
教育事業を自分もしたい!など、
多くの熱い学生さんと関わる機会がある。

そういう学生さんと話していると、
信念とかなんかそういう熱さが
めちゃくちゃ伝わってくるので、
とても刺激になる。
僕はそういう言葉がとても好きだ。

が、結構生々しい能力不足を
感じることがあって、
それは、特にキャリア教育興味のある学生
の多くが、めちゃくちゃ勘違いをしている。

そして、大学生活を間違って過ごしている。
(んじゃないかって思う)

大学生活での
努力がなんだか違和感。

よく聞くのが、

▶︎自分自身は一度も教えたことがない
▶︎手段がよくわかっておらず、行動できていない
▶︎色んな人と話しただけで行動した気になっている
▶︎教育に関わる上で知っておくべき努力を知らない
▶とりあえず塾講師のアルバイトをしている

僕はめちゃくちゃそういう学生
と会ってきた。
(僕もそうだったんですけど)

キャリア教育関連の仕事に
なりたいと思った決定的な理由は、

「偏差値重視の教育を変えたい」
・「もっと1人1人に寄り添いたい」
・「主体的に将来を選択していきたい」

こんなことが挙げられると思う。

確かに、学歴は重視されているし、
学歴コンプなんて言葉も生まれるくらい
学歴重視だ。

既存の教育だと、
集団の中で決められたレールを
ただ進んでいくだけ。

僕も同じだったから、
あなたたちの気持ちはわかる。

きっと、何か信念みたいなものが
あるんだと思う。
それ自体はとても尊いものなんだけど、
ここでどうしても伝えたいことがある。

あなたは今のままじゃ、
自分のキャリアは
選択できるかもしれないけど、
あなたの理想とか、思い描くような他の人を救える人にはなれない。

結論から言うと、

キャリア教育をしたい人というのは、
塾の講師や人材系の会社に就職する。

僕は、2年生の時、
170人を超える社会人の方と話したのだが、
その中の30人くらいのキャリア教育を
やりたいという人の9割がそうだった。

そして、就職して、
働いている自分に満足して、
というか、他に何かする能力がなく、
結局、直接キャリア教育に
関わることはできない。

キャリア教育をやりたいと
思っているだけだと、
あなたの思い描いている
理想のキャリア教育事業は実現しない。

上記であげた問題点

▶︎自分自身は一度も教えたことがない
▶︎手段がよくわかっておらず、行動できていない
▶︎色んな人と話しただけで行動した気になっている
▶︎教育に関わる上で知っておくべき努力を知らない
▶とりあえず塾講師のアルバイトをしている

を抱えている人なんて、
特にそうなると思う。

じゃあどうすればいいのか、
経営を学びつつ、自分で動いてみるってこと
が重要だと思う。

なんで経営なのか?は
自分が何かするためには
絶対に必要な能力だからだ。

あなたが思っている以上に、
自分で何かをできる能力ってのは大事で、
それには、経営(マーケティング、ファイナンス、経営戦略など)が必須になってくる。

キャリア教育をやりたい学生が
キャリア教育に詳しくなったところで
キャリア教育に詳しいお兄さん
になることしかできない。

相手が何を求めているのか知るための
マーケティング。
どうやって広めていくかの
経営戦略。
どうやったら利益を出せるのかの
(利益がないと事業として成り立たないので)
ファイナンス。

教育現場に立つものとして、
経営というのは必須になってくる。

教育と経営。
両方できない人は教育に携わるべきではない
と僕は思っている。

ただ、経営を身につけたり、
実際に行動してみるってのは、
難易度は決して低くはない。
むしろ高いと思う。

難易度が高いからこそ、
あなたが日々この活動に力を注ぐ意味がある
と僕は思っている。

大変なことを一緒に乗り越える経験、
乗り越えた経験は、
絶対にあなたの「理想のキャリア教育」
の実現に近づくと思わないか?

これなら、実際に将来、あなたがなりたい
姿に近いイメージが持てると思う。
それでも、実際には、もっと
努力しないといけないし、
もっと大変な経験を、
学生時代に積んだほうがいい。

だけど、これは1人でやろう
って思うとかなり大変。
だからこれを読んでくれている
あなたと一緒に
活動していきたいと僕は思っている。

同じ想いの学生が行動できて、
結果も残せる。
そういう場を作っていきたいと思っている。
(思っているし、実際作る。)

興味が湧いたら、
下記のフォーム記入をしてほしい。
マーケティングを学びながら、
本当に「やりたいこと」を実現していこう。


P.S.

一緒に活動したい。とは言ったものの、
マーケティングサークルASKは
審査制なので落ちるかもしれない。

なので生半可な気持ちでは、
申し込まないでほしい。
お互いの時間の無駄になってしまうので、、

本気で教育を変えたい。
そんなあなたの申し込みをまっています。

ASK新歓説明会参加フォーム☟


    サークルについて詳しく知りたい方はコチラ☟

    メンバー紹介はコチラ☟

    【マーケティングサークルASK】
    全ての学生が本当に自分の
    「やりたいこと」をできる世界を実現する

    コメント